当サイトでは歯に関する基礎知識をカテゴリ別に掲載していますので、歯に関することを調べるときにご活用ください。
ここでは「タバコと歯周病の関係」について解説します。
  

タバコと歯周病の関係

タバコの煙にはニコチンと一酸化炭素が含まれています。
ニコチンは歯周組織の血流が悪くします。
一酸化炭素はヘモグロビンと結合するので、歯周組織を酸欠状態にします。
この2つの成分の歯周組織への働きにより、
歯周病を引き起こす細菌に対して免疫力が低下し、歯周病にかかりやすくなります。




☆歯の豆知識‥歯の平均寿命について
歯は20歳から1年に0.06mmぐらい磨り減っていくといわれています。
計算だと200年は持ちますが、厚生労働省の調べでは
例えば第一臼歯の平均寿命は女性が51歳、男性が57歳のようです。

人間の寿命に比べると短いです。
そして、虫歯などで歯の治療を続けると歯の寿命はもっと短くなります。
歯を長く持たせるためにも、健康な歯を維持する歯の予防は大切ですね。



「タバコと歯周病の関係」のページは、 "歯周病"のカテゴリーに属しています。 このカテゴリの記事については、以下の「歯周病」をご参照ください。

歯周病一覧

shirushi.gif タバコと歯周病の関係 shirushi.gif プロービング shirushi.gif クロルヘキシジン shirushi.gif 歯周組織再生誘導法(GTR法) shirushi.gif 歯ぐきに良い栄養素 shirushi.gif 歯周病の原因 shirushi.gif 歯周ポケット shirushi.gif 歯槽膿漏 shirushi.gif 歯周炎 shirushi.gif 歯肉炎 shirushi.gif 歯周病とは

Google
タバコと歯周病の関係トップ
歯の美容・健康・病気用語集トッ プ
 
Syndicate this site (XML)
Powered by Movable Type 3.2-ja-2