当サイトでは歯に関する基礎知識をカテゴリ別に掲載していますので、歯に関することを調べるときにご活用ください。
ここでは「歯根膿胞」について解説します。
  

歯根膿胞

 歯根膿胞とは、歯根肉芽種が炎症を継続して起こすことによって、水腫、粘液化、脂肪変性へと進行し、膿胞を形成した状態のことです。過半数の患者さんが上顎の切歯部にでき、20代~40代の方に多いです。
 歯根膿胞は自然治癒しませんので、そのままにしておくと成長、巨大化していきます。ひどくなると入院して手術を行います。




☆歯の豆知識‥歯の平均寿命について
歯は20歳から1年に0.06mmぐらい磨り減っていくといわれています。
計算だと200年は持ちますが、厚生労働省の調べでは
例えば第一臼歯の平均寿命は女性が51歳、男性が57歳のようです。

人間の寿命に比べると短いです。
そして、虫歯などで歯の治療を続けると歯の寿命はもっと短くなります。
歯を長く持たせるためにも、健康な歯を維持する歯の予防は大切ですね。



「歯根膿胞」のページは、 "歯の用語さ行"のカテゴリーに属しています。 このカテゴリの記事については、以下の「歯の用語さ行」をご参照ください。

歯の用語さ行一覧

shirushi.gif 歯根膿胞 shirushi.gif 歯根肉芽腫 shirushi.gif 歯槽骨炎 shirushi.gif 歯根膜炎 shirushi.gif 歯髄炎

Google
歯根膿胞トップ
歯の美容・健康・病気用語集トッ プ
 
Syndicate this site (XML)
Powered by Movable Type 3.2-ja-2