酢は穀類や果実を発酵させてつくる酸味のある調味料で、殺菌効果、防腐効果もあります。マクロビオティックで用いられる酢は昔ながらの手法で作られた玄米酢や米酢です。その他にも梅酢やリンゴ酢なども使用されますが、添加物や香辛料などが加えられた酢はマクロビオティックに適しません。
【オススメリンク】 受験を考えて医学部を予備校から始めてみませんか。しっかりとした学習環境で効率の良い受験勉強を行なえます。

マクロビオティックなお酢!ほのかなしその香りと塩味まろやかな風味紅玉梅酢 200ml
無着色・無添加・紅玉梅干しの梅酢・海の精使用。酢の物、梅酢漬に。野菜を漬けるときれいな赤に染まります。マクロビオティックで使用する標準的なお酢が梅酢です。
オーガニックバルサミコ酢(白)250ml <有機JAS><マクロビオティック>
芳醇な香りとまろやかな甘み。有機JAS認定品。QAI認定品。無添加。4年熟成。赤ワインのような渋みのある香り。酸味は弱い。サラダ、肉や魚料理の仕上げに。

もっと探したい場合は楽天へGo↓↓

マクロビ料理の調味料一覧

マクロビオティックで大切なこと

1.主食と副食を区別する。
主食とは穀物のことで全体の5割から6割にします。副食にはスープや味噌汁、野菜、豆類、海藻類を取り入れます。
2.陰と陽のバランスをとる
食べ物の陰と陽のバランスを考えて、食事をするのが大切です。
3.一物全体という考えを持つ
一物全体は"食材をより自然な状態で丸ごと食べる"という考え方ですね。
自然な状態の食材は陰と陽のバランスがあるため、丸ごと食べることで陰陽のバランスの取れた食事ができるのです。
4.身土不二の考えを持つ
身土不二とは、自分が住んでいる環境や季節に合った食材を中心に食べることをいいます。この考え方もマクロビオティックでは大切です。

ここのページ「」では、
"マクロビ料理の調味料"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「マクロビ料理の調味料」をご参照ください。

マクロビオティック食材辞典トップ

「自分食」を見つける
3日間マクロビキャンプ!!

マクロビオティックについて

リンク集

Copyright(c) マクロビオティック食材辞典 All rights reserved .