海苔

海苔と一口にいっても、青海苔、甘海苔、岩海苔など、様々な種類があります。
青海苔は香りや彩りなどとして使われ、甘海苔はおにぎりや刻みのりとして使われたりします。
岩海苔は、天然甘海苔の俗称です。
青海苔が生育しているのは日本各地の沿岸部、湾などで、特に有名なのは四万十川です。
甘海苔は有明海、瀬戸内海などで養殖されています。
(マクロビオテックでの用途)
マクロビオテックでは、海苔は洗わず、焼いて食べるのがふつうです。
サラダやスープに使うときは細かく刻んだり、粉末にしたりします。
またしょうが、純正醤油、みりんを加えて、薬味として食べたりします。

●こだわり十五穀米 1.5kg×3 送料無料 お気に入り商品と同梱OK!●認証済み穀物 100%(有機...
有機JAS認定穀物 と海外オーガニック認定機関の安全性基準に合格した穀物をバランスよくブレンドしました。海外の安全性基準(有機JAS基準と同等)で合格 認証された原料も使っていますので、今のところ有機JAS法により、有機十五穀と表示ができないため、こだわり十五穀米としてJAS表示なしで販売しております。
●有機JAS認定品+(海外オーガニック認定機関認定品)100%●こだわり六穀米(五穀米+黒米) 2,8kg
有機JAS認定品と<海外オーガニック認定品原料100%をバランス良くブレンドされたこだわり六穀米は究極の銘品です。無農薬栽培(正確には化学合成農薬不使用栽培)・化学合成肥料不使用栽培 無添加・マクロビオティック 正食 遺伝子組み換えなし 
●安心認証済み原料100%使用 ●セール価格   ●送料無料 320g×10パック こだわり五穀米
海外オーガニック認証済み原料と有機JAS原料)を100%使用している安心できる五穀米です。有機JAS法により、海外オーガニック認定機関認証品の原料も使用しているため、有機五穀ではなく、こだわり五穀として販売しています。
こだわり二十穀米 320g  7パックセット
有機JAS認定穀物と欧米のオーガニック認定機関の安全性基準に合格した海外認証品をバランスよくブレンドしました。キヌア、キビ、粟などは欧米オーガニック認定機関認証済み原料を100%使用しています。しかし有機JAS認証を受けていないため、今のところ有機JAS法により、有機二十穀と表示ができないため、こだわり二十穀米としてJAS表示なしで販売しております。
●無農薬栽培 ●送料無料 (商品発送まで4-5日かかります)●業務用20kg.
有機JAS認定押麦は有機無農薬栽培で育てられた大麦の栄養価を最大に引き出すように、胚芽をいっぱい残しています。大麦は白米に比べ10倍の食物繊維とミネラルも豊富です。お米に一割から三割加え一緒に炊いてお召し上がり下さい。押麦(大麦) 有機JAS認定品or海外オーガニック認定機関の認証品 無添加/無農薬(化学合成農薬)不使用栽培
自然農法にとことんこだわる究極のマクロビオティック食品。香川の完全無農薬米20年産コシヒカリ.
自然農法にとことんこだわる究極のマクロビオティック食品。香川の完全無農薬米20年産コシヒカリ「さぬき姫」。このコシヒカリは、完全無農薬の自然栽培で作られたお米です。全くの無農薬なのでお米の中には、虫に食われた跡の黒い部分のあるお米や、草が混入している恐れがあります。この虫食い跡が、完全な無農薬の証です。虫食い跡の黒い部分は安全な物ですが、気になる時は除いてください。
●農薬が掛かっていない玄米有機JAS認定品●送料無料 無農薬栽培 ●有機玄米コシヒカリ 5kg×3
有機JAS認定穀物と欧米のオーガニック認定機関の安全性基準に合格した海外認証品をバランスよくブレンドしました。安心認証済み穀物 100%(有機JAS認定品+海外オーガニック認定機関認定品)

もっと探したい場合は楽天へGo↓↓

マクロビ料理の藻類一覧

マクロビオティックで大切なこと

1.主食と副食を区別する。
主食とは穀物のことで全体の5割から6割にします。副食にはスープや味噌汁、野菜、豆類、海藻類を取り入れます。
2.陰と陽のバランスをとる
食べ物の陰と陽のバランスを考えて、食事をするのが大切です。
3.一物全体という考えを持つ
一物全体は"食材をより自然な状態で丸ごと食べる"という考え方ですね。
自然な状態の食材は陰と陽のバランスがあるため、丸ごと食べることで陰陽のバランスの取れた食事ができるのです。
4.身土不二の考えを持つ
身土不二とは、自分が住んでいる環境や季節に合った食材を中心に食べることをいいます。この考え方もマクロビオティックでは大切です。

ここのページ「海苔」では、
"マクロビ料理の藻類"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「マクロビ料理の藻類」をご参照ください。

マクロビオティック食材辞典トップ

「自分食」を見つける
3日間マクロビキャンプ!!

マクロビオティックについて

リンク集

Copyright(c) マクロビオティック食材辞典 All rights reserved .