わかめ

わかめは日本各地の沿岸に生育し、今では養殖ものが多く出回っています。収穫期は北海道・東北では3~7月であり、関東より西側では2~3月となっています。

(マクロビオティックでの用途)
マクロビオティックではわかめを味噌汁に使用したり、その他サラダとしてもよく合います。料理時間が短いわかめはマクロビオティックでの料理に便利です。

新しい自分と出会うマクロビセット。マクロビ デリ8日間セット
久司マクロビオティック8日間すべての食事をセットしたプログラムです。日本の伝統食をベースにイタリアン、チャイニーズ、アメリカン、すべてのメニューにクシ酵素を配合し、それぞれのおいしさを久司マクロビオティックにアレンジ!そこに本格レストランのおいしさと楽しさが加わった最強のダイエットプログラムなのです。
ガイドメニュー付き22アイテム全48点(同梱不可)マクロビオティック一週間体験セット
玄米や玄米粥といった主食をはじめお惣菜、漬け物、お茶など1日3食7日分の食品をセットにいたしました。ガイドメニュー付きだからどなたでも簡単にできる一週間体験セットです。マクロビオティック初心者の声に応えて、温めたり、お湯を注ぐだけで誰でも簡単にはじめられるようにと企画開発したものです。
マクロビオティック1週間体験セット
徹底した安全基準による厳選材料を使い、マクロビオティック品質基準に基づいた伝統製法による食材です。いずれも高い評価をいただいているものだけを選びました。もちろん砂糖、動物性原料、化学調味料、保存料などは一切使用していません!1日3食、7日間分の食品がセットになっています。
はじめての マクロビオティック 一週間体験セット~7日間メニュー付~
玄米ごはんや玄米粥といった主食をはじめ、お惣菜、味噌汁、漬物、梅干、お茶など、1日3食、7日間分の食品がセットになっています。温めたり、お湯を注ぐだけの手軽さで、マクロビオティックを体験することができます。
じっくり煮込んだ野菜のエキスたっぷりのスープセット。マクロビオティックを手軽に!選べる野...
クシマクロビオティックの創始者である久司道夫さんが、「すべての人の健康のために」と考案した「甘い野菜のスープ」、「干し野菜のスープ」、そして「とうもろこしと野菜のスープ」の開発しました。これらのスープは、毎日の食生活に手軽に加えることができます。さまざまな場面で活用していただけるようにアレンジのしやすさも考えて、開発されました。
固太りの方へ!中美恵先生のマクロビダイエット春夏メニューが登場★種類は全部で6種類♪パーフ...
このマクロビダイエットを続けていただく一週間は、お腹いっぱい食べられないストレスだらけのダイエットとは違い、体質にあった美味しいお料理を手間なくしっかり食べられます。
農薬、化学肥料を一切使っていない旬野菜セットで美味しいサラダを作りませんか?マクロビオテ...
地元でとれる旬の野菜、農薬や化学肥料を使用していない野菜を中心として、体と環境に優しい食事法してみませんか?マクロビで、元気、健康に♪土作り20年!種から育てた野菜を直接宅配いたします。

もっと探したい場合は楽天へGo↓↓

マクロビ料理の藻類一覧

マクロビオティックで大切なこと

1.主食と副食を区別する。
主食とは穀物のことで全体の5割から6割にします。副食にはスープや味噌汁、野菜、豆類、海藻類を取り入れます。
2.陰と陽のバランスをとる
食べ物の陰と陽のバランスを考えて、食事をするのが大切です。
3.一物全体という考えを持つ
一物全体は"食材をより自然な状態で丸ごと食べる"という考え方ですね。
自然な状態の食材は陰と陽のバランスがあるため、丸ごと食べることで陰陽のバランスの取れた食事ができるのです。
4.身土不二の考えを持つ
身土不二とは、自分が住んでいる環境や季節に合った食材を中心に食べることをいいます。この考え方もマクロビオティックでは大切です。

ここのページ「わかめ」では、
"マクロビ料理の藻類"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「マクロビ料理の藻類」をご参照ください。

マクロビオティック食材辞典トップ

「自分食」を見つける
3日間マクロビキャンプ!!

マクロビオティックについて

リンク集

Copyright(c) マクロビオティック食材辞典 All rights reserved .